TOMCAT PRODUCTS INC. For English website, click bottom right corner of this image.
商品情報
ダウンロード
サポート
会社案内
求人情報
お問い合わせ
サイトマップ
ホーム

SUPPORT/サポート

(第6版以前のマニュアルをお持ちの方へ)
TC3ModePlus Windows 95(OSR2以降)へのドライバのインストール方法
OEMメーカー向けにリリースされた新バージョンのWindows95、いわゆる“OSR2”では、ドライバーのインストール方法が変更され、従来のバージョンのWindows95のマニュアルと異なったインターフェイスとなりました。これにより、第6版以前のマニュアルの手順ではドライバーがインストールできなくなりました。その対策を以下で紹介しますので、マニュアルとあわせてご覧下さい。この方法でインストールすれば、バージョンアップを行わなくてもお手持ちのドライバーで動作します。

従来のバージョンのWindows95にもこの方法でインストールできます。

また、これからのWindows95のバージョンアップにより"OSR2"バージョン以外の新バージョンのWindows95でも従来通りの方法ではインストールできなくなる可能性がありますが、その場合もこのインストール方法をお試し下さい。


  1. ドライバーディスクをAドライブにセットして下さい。

  2. 「スタート」ボタンをクリックし、「設定」を選択します。

  3. 「コントロールパネル」を選択すると、アイコンが表示されますので「ハードウェア」アイコンをダブルクリックします。

  4. 「ハードウェアウィザード」が表示されますので。「次へ>」をクリックします。

  5. 「新しいハードウェアを自動的に検出しますか?」というダイアログが表示されますので、「いいえ(N)」をクリックし、「次へ>」をクリックします。

  6. 「ハードウェアの種類(H)」を選択する一覧表が表示されますので、「フロッピーディスクコントローラ」を選んでダブルクリックします。

  7. 「ハードウェアの製造元とモデルを選んで下さい。」というダイアログが表示されますので、「スタンダードフロッピーディスクコントローラ」が表示されているのを確認して「ディスク使用(H)」をクリックします。

  8. 「配布ファイルのコピー元」を確認するダイアログが表示されますので、A:\と入力して「OK」をクリックします。

  9. 「モデル(D)」の画面になり、"TOMCAT 3 mode FDD driver(TOMCAT FDD Verx.x)"と表示されますので「次へ>」をクリックして下さい。

  10. 「ハードウェアのインストールを正常に続行できます。」と表示されますので、「完了」をクリックして下さい。

  11. ドライバーのコピーが完了したのが確認できたら、Windows95を再起動します。

以上でインストールは完了です。

ご案内した方法でインストールを行うとスタンダードフロッピーディスクコントローラと当社のドライバーが並列に登録されますが、片方を削除したり無効な状態にすると不具合が生じますので、双方とも有効にした状態でご利用下さい。

なお、インストール方法は変更されていますが、その他の機能は以前のバージョンのWindows95で使用される場合と変更はありませんので、それにつきましてはマニュアル本文をご参照下さい。


商品情報ダウンロードサポート会社案内求人情報お問い合わせ
ホームENGLISH

Copyright(c) 2002 TOMCAT PRODUCTS INC. All rights reserved.
http://www.tomcat-group.co.jpTo English